顔のリフトアップにヤーマンヘッドスパの頭皮マッサージ器はオススメ

 

みなさん、顔のリフトアップのために何をしていますか?

  • スキンケアに力を入れる
  • 美顔器を使う
  • 顔のマッサージをする
  • 美顔ヨガをする
  • リフトアップ効果がある美容サプリを飲む
  • ヒアルロン酸、ボトックス注射をする

リフトアップの方法は色々あり、人によってやり方が違うと思います。

老化は誰にでも起こるものですが、できるだけこの進行をスローにしたいと思い、私は20代後半に入ってから少しずつリフトアップを始めました。やっていた事はリフトアップ効果があるパックを付けたり、美顔器を使ったり、リフトアップ効果があるスキンケアも使っていました。過去の記事でもご紹介しています。

そして2020年からコロナの影響でリモートワークを始めてからというもの、よく休憩中にYoutubeで美顔ヨガ関連のチャンネルを見ていました。会社で働くと顔のヨガをするのは同僚者に見られたりするので、恥ずかしくて出来ませんでしたが、リモートワークだと休憩中は他人の目を気にせず昼寝したり、自由に過ごせるのは良い事ですね。多くのチャンネルを見た結果、リフトアップに欠かせないことは側頭筋のマッサージでした。そして情報収集したら、色々な美肌のスペシャリストはたるみやほうれい線の改善に側頭筋のマッサージについての記事を載せているし、最近では頭皮マッサージ器の種類も結構増えています。そして何よりも自分自身で側頭筋をほぐしたら一番効果を実感したので、今回はなぜ側頭筋のマッサージはリフトアップに繋がるのか、オススメのマッサージのやり方と自動マッサージ器を紹介します。

なぜリフトアップに側頭筋マッサージが必要なの?

まずは側頭筋はどこの部分か確認しましょう。

temporal-muscle

側頭筋は筋肉の一種で骨格筋です。食べ物を嚙むとき、また喋るとき顎を引き上げる役割があります。しかし食事中あまり噛まなかったり、喋るときあまり口を開けなかったりすると側頭筋が硬くなり、それによって頬っぺたが少しずつ垂れてしまい、ほうれい線も出やすくなります。側頭筋の働きが衰えないように顎を動かすことが大事だということです。

子供の頃から【ご飯を食べる時、よく噛んで食べなさい】と言われていますね。そして子供はご飯をよく噛んでいるし、感情を込めて表情を豊かにしていますね。しかし大人になると、どんどん顎の動きが弱くなってしまいます。特に今の時代リモートで働いている人は話す機会が減り、テキストで伝えたい内容を送りますよね。ウェブミーティングがなければ1日中一言も発さないなんて事もありますよね。また、出勤してもマスクを付けていることによって、喋る時にちゃんと口を開かず、ぼそぼそと話す癖も出ますよね。その状態が続くと、どんどんたるみやほうれい線が酷くなり、若々しい見た目は失われます。原因に気付かずにに年歳を取っているから仕方がないと思いがちですが、側頭筋をほぐすことでたるみを防ぐことができます。そしてたるみやほうれい線が既にできてしまっても、側頭筋の働きを促したらリフトアップ効果が期待できるんです。

側頭筋ほぐしのやりかた

側頭筋をほぐす方法は二つあります。自分の手か指の力でほぐすか、自動のマッサージ器でほぐします。まずは自分でほぐすやり方を紹介します。

Exersice1 側頭筋を手で包み込んで大きい円を描くようなイメージで動かす
Exersice2 後頭部の手前の当たりに皮膚をぐっと摘まんで持ち上げていく
Exersice3 側頭筋の当たりに指先で後ろに回す
Exersice4 指で小さい円を描くように側頭筋をほぐす

テキストだけだと少し分かりにくいと思うので、動画も載せますね。

手で毎日側頭筋をほぐせばリフトアップできるんですが、側頭筋の上に側頭筋の膜があるので、深めにやらないと刺激が届かないんです。私は最初絶対に毎日することを決めたのですが特に疲れた日、もしくは体調があまり優れてない日にそういうマッサージする気になれなかったんですよね。後はマッサージする時間も毎回違いました。5分以上マッサージしていた時もあれば、1分しかしなかった時もありました。こんなに中途半端なやり方だと効果が出ずらくなるので、あまり意味がないですね。そんな時、自動で頭をほぐしてくれるマッサージ器はオススメです。頭皮に当てるだけなので非常に楽です。最近では頭皮マッサージ器の種類が多くて、値段もまちまちですね。色々な商品の中で私はヤーマンミーゼヘッドスパリフトを買いました。なぜそのマッサージ器を選んだか、マッサージ器のメリットとデメリットを伝えたいと思います。

ヤーマンミーゼヘッドスパリフトを買った理由

yaman-myse-head-spa-lift

私が初めて頭皮マッサージ器の存在を知ったのはYoutubeの広告でした。ヤーマンのものかどうかは覚えてないですが、それを見て「あっ!!!、自動で頭皮をほぐしてくれる機械は良いね」と思いました。その後は美容系の雑誌で頭皮ケア美容家電の紹介を見ました。その中にヤーマンミーゼヘッドスパリフトもあったんです。興味を持ったきっかけは1台で頭皮ほぐしだけではなく顔のマッサージもできることです。美容機器なのに13,750円の値段はそんなに高くないなと思って他にも調べたら、4,000円~5,000円程度の物も売っていたのでどうしようかなと悩んでいました。安い製品は顔ほぐしの機能が入っていませんでしたが、リフトアップに頭皮マッサージは必須なので顔ほぐしの機能がなくても良いと思いました。しかし色々調べた結果、やっぱりヤーマンミーゼヘッドスパリフトの購入を決めました。その理由は信頼できる評価が高かったからです。

みなさん、ネットで何か購入する時どのように物の評価を調べていますか?

レビューを読んでいる方が多いと思いますが、最近偽のレビューが増えたので評価が高くても中々信頼できないですよね。そこで評価は偽物じゃないかどうかサクラチェッカーというツールを使えば簡単に確認できます。評価をチェックできる媒体はアマゾンだけなんですが、アマゾンでの評価が偽物であれば、他の媒体でも同じ可能性が高いと考えられますね。サクラチェッカーの使い方は買いたい商品のURLを入れるだけで評価が確認できるので、使い方は簡単です。最近ものを買うときは必ずこのツールを使っています。

それではサクラチェッカーでヤーマンヘッドスパリフトを調べてみましょう。下記の写真のように商品は合格になっています。サクラダ度は0%で、安全という記載がありますね。

sakura-tracker_yaman_myse_head_lift

サクラ度は高ければ高いほど危険ということです。商品名は非公開にしますが、以下のようにサクラ度が高ければ評価を疑うべきです。

ヤーマンヘッドスパリフトの安全な評価を確認できたので、安心して購入しました。

ヤーマンミーゼヘッドスパリフトのメリット

私はヤーマンヘッドスパを買ってからもう3週間位、毎日使っています。使用して感じたメリットとデメリットをまとめます。まずはメリットから。

・1台で頭のほぐしも顔のほぐしもできる

こちらの美容機器はヘッド用とフェイス用のアタッチメントがあります。

yyyaman-myse-head-spa-lift-attachment

ヘッド用のアタッチメントを使ったら頭皮洗浄やリラクゼーション、また上記に書いたように側頭筋をほぐしたら顔のリフトアップが期待できるんです。さらにフェイス用のアタッチメントも付いているので、固くなった頬っぺたの筋肉もほぐします。側頭筋と頬っぺたの筋肉は連動しているので、両方ほぐした方がリフトアップ効果を高めます。

・防水機能

ヤーマンヘッドスパは防水仕様になっているので、シャワーや入浴中使用できます。

・乾いた髪にも使用できる

乾いた髪にも使用できるので隙間時間があれば、すぐに使えます。例えば、私はよく仕事の休憩中に使ったりしています。映画やアニメ、もしくはYoutubeを見る時もついでに使っています。

・オートオフ機能

動作開始から5分経過すると、自動的に電源がオフになります。使用時間の目安はちょうど5分なので便利です。

持ちやすい

yyyaman-myse-head-spa-lift02

手にひらにフィットして握りやすいです。

・使用中髪の毛は絡まない

・保証1年間

使用方法

使い方に関しては基本的に当てるだけなのでとても簡単ですが、ヘッド用アタッチメントを使う場合は三つのやり方があり、フェイス用アタッチメントを使う場合一つのやり方があるので、それぞれ紹介します。

ヘッド用アタッチメントの使用

head-spa-lift

■頭皮の皮脂洗浄ケア

シャンプーで髪全体を泡立てて、ブラシ全体を頭皮に当てます。頭皮をほぐすときにブラシの一部が頭皮から浮かないようにご注意ください。当てる場所としては前頭部・側頭部・頭頂部と後頭部ですが、私はリフトアップ効果を目指しているので、側頭部を中心にほぐしています。モードがROLLERとTAP二つあります。

yaman-head-spa-lift-roller-mode

yaman-head-spa-lift-tap-mode

ROLLERは頭皮の皮脂洗浄やリラクゼーションに使用します。

TAPは細かい振動の力で頭皮の汚れを浮かせたりします。

ROLLERはマッサージの感じがあるので、私はROLLERモードの方が好きです。

■頭皮の揉み上げケア

頭皮用トリートメントをつけてから頭皮に当てます。当て方は頭皮の皮脂洗浄ケアと同じです。

髪が渇いている状態で頭皮の揉み上げケア

イメージが付きやすくなるために、使い方の動画を載せます。

フェイス用アタッチメントの使用

face_lift_up

フェイスケアをする時は必ずフェイス用アタッチメントを付ける必要があります。肌を濡らした状態で使用するのがポイントです。入浴中でも良いし、お風呂上り化粧水やクリーム等を塗ってから使います。顎からこめかみに向けて、フェイスラインに沿ってゆっくり滑らせます。避けるべき部位としては目元と頬骨です。フェイスケアもROLLERモードとタップモードが選択できますが、必ずスピードが一番遅いLOモードかタップ1でほぐします。

こちらも使い方の動画も載せるのでご参考下さい。

ヤーマンミーゼヘッドスパリフトのデメリット

個人的にデメリットとしていくつかのところが気になったので、紹介しますが、参考程度に考えて下さい。

・バッテリーが短い

1回の充電で最大20分の連続運転が可能ですが、パーツごとに頭、顔、首、肩を各部位に分けると1つの部位の使用時間の目安は5分です。1日に頭皮ケアとフェイスケアをすれば2日に1回3時間も充電しないといけないんです。頭皮とフェイスケアだけではなく、首と肩にも使ったら毎日充電する必要がありますよね。もう少しバッテリー持ちが長ければ良いと思います。

・フェイスケアにはちょっと大きい

頭皮ケアにはアタッチメントのサイズがちょうど良いですが、顔に使うともう少し小さめのサイズの方がやりやすいと思います。アタッチメント全体が肌に垂直に当たるように滑らせないといけないのですが、そうすると使用を避けるべき頬骨に当たりそうです。

・お手入れは面倒

yaman_head_spa_lift02

使用後、本体からアタッチメントと枠を取り外し、両方とも洗います。薄めた中性洗剤で洗う様に勧められていますが、特に汚れがなければ水だけで洗い流しています。最後はタオルで本体・アタッチメント・枠の水分を拭き取り、風通しの良い場所で乾燥させるという手入れです。ヘッドスパを清潔に保つために、毎回こんな手入れをしないといけないのですね。本体からアタッチメントと枠を外すのは簡単ですが、その後はアタッチメントと枠を重ねるのはちょっと面倒くさいです。アタッチメントの柔らかいゴムの部分と枠を合わせる必要があります。

yaman_head_spa_lift

枠をアタッチメントから外さなかったら、本体に簡単にカッチとはめ込めます。なので私は毎回枠をアタッチメントから外していません。

こんな感じで乾燥させています。見ている通り場所をちょっと取りますね。

yaman_head_spa_lift03別のところで乾かしても良いですが、私は毎日使っているので洗面所が一番良いです。もし買おうと思っているなら事前にヘッドスパを乾かすところを考えた方が良いですね。

まとめ

顔を引き上げる側頭筋が硬くなってしまうと、顔にたるみやほうれい線が出やすくなる為、側頭筋をほぐし、柔らかい状態を維持する必要があります。自分の手を使ってマッサージでも良いし、機器を使っても良いんです。自動で動く美容機器を買うなら必ずサクラチェッカーで評価を確認してください。また、私が使用しているヤーマンミーゼヘッドスパリフトはメリットとデメリットもありますが、値段の割には機能性が高いので、オススメです。

 

関連記事