金箔入りの化粧水等のコスメは美効果がある?肌に吸収できる?

ママのビューティー

ゴールドパワーでビューティフルスキン!これは思い込みなのか、もしくは本当に根拠があるのか、金箔入りのスキンセットをもらったので、それを機に興味を持ちました。

聞いたことがあると思いますが、古代エジプトではクレオパトラが肌をキレイにするために、金箔を使っていました。金で若い肌をキープできるとよく耳にしますが、そもそもなぜ金は美容に使うか、具体的にどのような効果があるのか調べてみました。

美容において【金】の効果

日本金箔エステ協会の公式サイトを参考にしたところ、人間の体に体電気が流れています。その電気は新陳代謝を活発にし、弾力がある美肌が維持できます。金箔から発生する電気と元々人間の体にある電気の波長は同じなので、金箔は新陳代謝を促し、衰えた肌を蘇羅せる働きがあるそうです

素晴らしい効果ですが、残念ながら金箔は肌に吸収できないので、いくら金箔をお肌に塗っても効果がないようです。

「じゃあ、なぜサロンで金箔エステがあるの?」という質問が出てくると思いますが、エステで使われている金箔はとても薄くて1万分の1mmしかないので、これぐらいのサイズであれば金箔の超微粒子が体内のイオンと結びついて、わずかな電流を起こせます。それによって新陳代謝は良くなり、傷んだ肌が蘇るのです。日本金箔エステ協会によれば、金箔入りコスメと違って特殊方法で生成された水は細胞内へ浸透し、バリアゾーンを開き、金と共に真皮層まで届くそうです。

つまり特別なテクノロジーがないと金箔での美容効果がなさそうですね。デザインはゴージャスでテンションが上がるのですが、効果が出ないのは残念ですね。

KINKA金箔入りのトライアルセットについて

今回、私が試していたKINKAの2週間分の金箔入りのスキンケアセットですが、公式サイトで効果を調べたところ、金箔で潤いを高めて、それによってハリと弾力がある肌へ導くとのことでした。

「金」のうるおいパワー

箔一の徹底した管理(ISO9001取得)の元で作り出された安全で高品質の「金箔※」と「コロイド性金」は、お肌の保湿力を高め、ハリと弾力のあるしなやかなお肌へ導きます。(※保湿成分)

KINKA箔一の通販コスメBIHAKU

つまり、体電気の流れを促す効果が期待できないのですが、金箔を他の美容成分と組み合わせる事により、保湿力が生まれるという事ですね。

こちらのスキンケアセットに6つのアイテムが入っています。

Kinks-skin-care

金華ゴールド ナノクレンジング 15ml

金華ゴールド ソープ 10g

金華ゴールド ローション 10mL

金華ゴールド エッセンス  5mL

金華ゴールド モイスチャークリーム 8g

金箔打紙製法あぶらとり紙 60×90mm 30枚

肌を潤すアイテムは3つもあり、本当に保湿の集中ケアですね。

肌によって実感は違うと思うのですが、私の肌のタイプは混合肌で部分的に乾燥しているのですが、Tゾーンに皮脂が出やすいです。

ちゃんと肌を潤さないと乾燥による肌荒れが起こりますが、潤い過ぎるとベタつき、毛穴が目立ちます。面倒臭い肌ですね。笑

2週間分のKINKAの金箔入りセットを使用して、商品によって起きた肌荒れ、ピリピリ感、違和感等がなかったので、今までの私の経験から言うと安心できるようなビューティーアイテムですね。しかし、5つの商品の中で私に合いそうなアイテムが一つだけでした。それは金華ゴールドモイスチャークリームです。

お気に入りのアイテム

金華ゴールドモイスチャークリーム

kinka-moisture-cream

ほのかにバニラの香りが漂い、とても気に入りました。肌になじませると数分後カサカサしていたところはもっちりします。顔にはあまり塗らなかったのですが、肘がよく乾燥しているので、肘に使いました。他のクリームだと数時間が経てば、また乾燥していたのですが、こちらのモイスチャークリームはかなりの保湿力があり、1日中潤いがキープできました。肌になじませると金箔が残りますが、僅かな量なので気になりませんでした。

 

合わなかったアイテム

次のスキンケアアイテムは私にあまり合わなかったので、理由を詳しく書きます。

金華ゴールドクレンジング 15ml

kinka-cleansing

金箔入りの成分で消費者の心を捕まえたいKINKAはクレンジングにも金箔を入れていますが、美容の効果から見るとあまり意味がないと思います。まずはクレンジングの役割はメイクを落とすものなので、金箔が入ってもすぐに流します。私の個人的なやり方かもしれませんが、私は1本のクレンジングで顔全体のメイクを落とすのが好きです。時間が節約できるし、わざわざ目のメイク専用のクレンジングを買わなくて済むので、とても便利です。KINKAのクレンジングは目に入ったら、目がかゆくなって、ピリピリ感があったので、目に合わないです。良く皮膚科に置いてある『NOV』のクレンジングや、『Dr.Ci:Labo』のクレンジングは目に優しくて、ハードなメイクや ウォータープルーフマスカラでも1度で落とせるんですよ。NOVのスキンケアは大体どのドラックストアにも置いてますし、薬局でも購入できますが、Dr.Ci:Laboの売り場は限られているので、ネットでの注文の方が便利かもしれないですね。

金華ゴールドソープ 10g

kinka-soap

写真の通り、金箔がたっぷり入っていて石鹸は輝いているような感じですね。デザインはとても可愛いですがメイク落としと同じようにすぐに流すので、金箔は肌に残らないんですね。KINKAの公式の説明により、金箔で肌に潤いを与えて、ハリアップできるそうですがソープの役割は肌の汚れや皮脂を取ることなので、そもそもソープでの潤いが不可能という疑問が生まれました。また、石鹸なので持ち運べなく、旅行に行く時、不便ですよね。

金華ゴールドローション 10mL

kinka-lotion

ローションのストラクチャーはとても軽く、肌に負担がかからないのですが、ローションに入っている金箔は解けないので、肌に塗ったらずっと残ります。

kinka-gold-lotion貴重な金箔なので残した方が良いと思っている方もいるかもしれませんが、上記に書いたようにサイズは1万分の1mmじゃなかったら体内のイオンに結びつかないので、いくら塗ってもお肌をキラキラさせるだけです。また、その後はすぐにメイクをしたいのであれば不便ですね。

金華ゴールドエッセンス  5mL

ローションでの保湿が足りなかったらエッセンスで補充しようというコンセプトのようですが「モイスチャークリームがあるなら、エッセンスはもうなくても大丈夫だ」と思いました。またローション後、肌に塗ったら二重に金箔が残るので、こちらのアイテムの魅力はあまり伝わりませんでした。

まとめ

昔から美容の効果で有名になった金は現在でも注目されているものの、肌に吸収できず、ものすごく薄いサイズ(1万分の1mm)じゃなければ、解けずにお肌に残るだけなんです。一方、金箔により保湿力もあるようですが金箔がなくても、保湿力が素晴らしいセラミド、アミノ酸、スクワラン等、他の保湿成分を配合すれば十分です。金ならではの新陳代謝の促しの効果を実感したいなら、金箔入りのコスメに頼らず金箔エステに特化している施設に行った方が正解だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by kristina