佐賀県御船山楽園はチームラボに四季折々の花も楽しめるよ

親子のおでかけ

佐賀県武雄にある御船山楽園は15万坪からなる名園にて癒しを提供してくれます。春は2000本の桜、5万本のツツジで彩られ、夏には『チームラボ』によって作り出されるデジタルプロジェクトアートを楽しむ事ができます。秋には樹齢170年の古木を始め、様々な紅葉が楽しむ事ができるので有名です。

そして忘れてはならないのが、御船山楽園ホテルです。御船山楽園まで徒歩数分で行ける好立地にあり、小高い山の上にあります。

御船山楽園ホテルチームラボ

このホテルに入って、まずビックリするのがロビーのフロア一面に広がる『ランプの森』です。こちらもチームラボの作品で、近接するランプからランプへ光が伝播し、全体のランプへ波及していきます。様々な発色するランプはずっと見ていても飽きません。24時間やっているので御船山楽園ホテルに宿泊し、夜ロビーに足を運ぶと、このランプの呼応を独り占めできるかもしれませんよ。lobby1 

こちらの色は桜などとそれぞれテーマがあるようです。

lobby2

lobby2

lobby3

team-laboこちらは紫陽花です。

lobby4

lobby5

携帯のカメラで簡易に撮ったのであまり鮮明に取れませんでしたが、一眼レフなんかで撮るとビックリする位キレイに撮れていましたよ。

ウェルカムドリンク

受付を済ますとウェルカムドリンクがあります。

lobby-drink

とても美味しく品があるお味でした。ウェルカムドリンクは無料ですが、もう一度飲みたい場合は下記にメニューがありますよ。

ちなみ写真は奥からレモングラスほうじ茶ラテ。水出し緑茶。カモミールほうじ茶です。

drink-menu

御船山楽園ホテルのお部屋

ウェルカムドリンクで一服した後はお部屋に移動です。白を基調とした明るくて非常にキレイな部屋でした。

room1

room2

room3

部屋に入るとすぐに娘は窓際の椅子に腰掛け『めっちゃキレ〜イ』と喜んでいました。

キレイな部屋でゆっくりしたい気持ちはありますが、メインはこれではありません。そうメインは『御船山楽園』なんです。特別入園券を持って早速、御船山楽園に行きました。こちらの入園券があれば、翌日お昼の12時まで何度でも行く事が出来るので失くさないようにしましょうね。

御船山楽園特別入園券

ticket

御船山楽園

入り口はこんな感じです。

mifuneyama1

ちなみにホテルに宿泊しなくても入園料を払えば、庭園に入る事ができますよ。

駐車場も無料で乗用車が150台止めれます。

公式サイトhttps://www.mifuneyamarakuen.jp

mifuneyama

天気が良くて散歩するだけでも最高のロケーションでした。

夜にはライトアップされ、水辺に夜桜が映る姿は格別ですね。

mifuneyama

mifuneyama3

mifuneyama4

ツツジの間には通路があり、娘は異世界を探検するように歩いていました。

mifuneyama5

雲と断崖から広がるツツジ谷の眺望で、なんかもうジブリの世界のような写真が撮れちゃいました。笑

同じ佐賀県で外国に来たような写真を撮りたいならこちらもオススメです。

4月中旬から5月初旬くらいの時期に来れば20万本のツツジが十分に楽しめます。今年はコロナの影響もあり、厳しいとは思いますが秋の紅葉の時期までに落ち着いてくれることを祈りたいですね。花祭りは毎年3月下旬から5月初旬まで行われています。

20万本のツツジ谷を抜け、桜並木を奥へと進むと花見台があります。花見台へのルートは2箇所あり、右回りと左回りがあって左からの方が安全に登れます。階段もしっかりしているので。

hanamidai1

こんな感じの階段を登っていきます。

hanamidai2

登ると高台があります。

hanamidai3

全部見るとだいたい『小一時間程度』あれば見れると思いますよ。インスタ映えしそうなスポットが数多く存在する為、写真を何度も撮りながら進むとさらに時間がかかると思いますが笑

ホテルの夕食

ホテルに戻り、ゆっくりしてから夕飯を頂きました。写真は撮ってないのですがどれも本当に美味しかったです。ちなみお子様メニューは写真を撮っていたのでこんな感じです。dinner 

さらに刺身もついてましたが、娘はまだ刺身を食べれないので私が美味しく頂きました笑

大人のメニューは楽天やじゃらん等の予約サイトに記載されているものを参考下さい。アレルギーがある方やお肉が食べれない方は事前に伝えるとメニューを変更してくれますよ。

桜のライトアップ

夕食の量がかなり多く、ゆっくりしたかったのですがライトアップの時間も決まっていたのと、できれば他の方がいない間に夜桜を満喫したいと思い、すぐに御船山楽園へ出かけました。この時も特別入園券が必要になるので忘れないでくださいね。

夜になると昼とは違い、幻想的でとてもキレイでした。

mifuneyama-in-the-night

mifuneyama-in-the-night

ナイトモードがあるカメラだったらもっとキレイに撮影できたんですが。。

でもしっかりと目に焼きつけました。笑

この日だけで2往復したので合計8km程歩いていました。良い運動になりますね。笑

早朝がオススメ

早朝だと観光客も少なく、空気も澄んでいてとても良いですよ。この日はまだ通っていなかった外回りからグルッと回りました。雲一つない快晴だったので昨日とは違った庭園を楽しむ事ができました。

mifuneyama6

mifuneyama7

娘もめっちゃポージングを決めてくれていました笑

御船山楽園ホテルのご予約はこちらから

御船山はもう大体見たので、せっかく武雄に来たんだし、別の場所にもという事で行ったのが

武雄神社

縁結びスポットの夫婦檜で知られる武雄神社ですが、ここにはそれ以上にパワフルなオーラ全開の御神木があるんです。

まずは駐車場に着いてすぐ、入り口で迎えてくれるのは定番の夫婦檜。でも早くメインが見たくて、ほぼスルーしてしまいました笑

takeo-shrine1

そしてこちらが武雄神社

takeo-shrine2

白を基調とした神社で神々しく思えました。昨日泊まったお部屋はこれをモデルにしてるのかな?とも思いましたが笑

そしてその左脇の方に御神木へ進む道がありました。

takeo-shrine3

ここから先が異世界のような雰囲気で小道を通ると不思議な気持ちになりました。

takeo-shrine4

takeo-shrine5

さらに進むと竹やぶに囲まれてきます。

そしてやっと見えてきました。

武雄の大楠

takeo-shrine6

近くにいる人と比べてもその大きさが分かると思います。遠近法でこのサイズ!!!

なんと!!!推定樹齢3000年の大楠!!!!

幹周り20m、高さ30mと超巨大なんです!!!

全国巨木調査では第6位の武雄を代表する樹の一つだそうです。

本幹は空洞化し、12畳ほどの巨大な空洞内には、かの『菅原道真公である天神様』が祀られているんだとか。そりゃパワースポットにもなりますよね。納得です。

takeo-shrine7

 

さぁ武雄でも色々見れたし、帰ろうかなとも思ったのですが、もう少し南の方に足を伸ばして海鮮でも食べて帰ろうとやってきたのが

太良 大魚神社の海中鳥居

武雄からだと混んでなければ40分程度で着く場所にあります。最近ではインスタ映えするスポットとして有名になっています。太良といえば昔から『竹崎カニ』や『竹崎カキ』が有名でしたが、有明海に浮かぶこの神秘的な鳥居が空前のブームになっています。

満潮時は海の中にあるのですが、引き潮の際には鳥居の下を歩く事ができます。

ここ太良町では『神秘的な月の引力が見える町』としても有名なんです。そのため、このような干満の差を通して鳥居が見え隠れするという神秘的なスポットになっているんです。

oouo-shrine1

oouo-shrine2カップルがここで写真を撮っていました

oouo-shrine

角度を変えて横から撮っても絵になりますね。

oouo-shrine5

引き潮で水がなくなるとこんな感じで歩けます。

oouo-shrine6

一番奥まで行くと何かあります

oouo-shrine7

みんなここにお賽銭を入れていたんですね。

oouo-shrin8

白い砂浜の上で写真を撮っているような感じですが拡大すると

oouo-shrine9

全部貝殻なんです!!!

駐車場は無料でトイレもありますよ。最近流行りのインスタスポットちょっとアクセスは悪いかもしれませんが、ドライブがてらにいかがでしょうか。

 

Posted by kristina