宮崎県鵜戸神宮は洞窟の中にある神社。運玉を投げて願いを叶えよう

みなさん。

こんにちは。

今回は宮崎県日南にある『鵜戸さん』の愛称で呼ばれている鵜戸神宮に行って来ました。

宮崎は九州の南にあるのでちょっと遠いかもしれませんが、とっても良い場所なのでオススメです。

鵜戸神宮の特徴は

udo-shrine

鵜戸神宮は日南海岸沿いに面した場所にあり、その中でも本殿は一番奥の洞窟の中にあるという、神秘的な神社です。日南海岸沿いにあるので晴れた日には海と神社の朱色のコントラストがとても綺麗です。

すぐ右手を見れば海が広がっています。

udo-shrine

ウサギがたくさん

udo-shrine

鵜戸神宮の神様のお使いはウサギだそうです。なので境内には色んなところにウサギのモニュメントがあります。

udo-shrine

udo-shrine

娘はこのウサギさんにお賽銭を置いてました。子供ってこ〜いうのを見つけるとやりたくなりますよね笑

鵜戸神宮のマップ

では簡単に鵜戸神宮の境内をご紹介します。

駐車場出るとすぐにカフェがあり、その先はこちらになります。

udo-shrine

奥に進むと二つ目の門が見えてきます。

udo-shrine

udo-shrine

反対側から見た写真です。朱色が本当に鮮やかですね。

udo-shrine

さらに奥に進むと見えて来ましたね。本殿がある、洞窟です。

右手に見える岩は霊石亀石です。

まずは本殿に向かいましょう。

udo-shrine

時計回りで本殿の左手側から回ります。

少し進むと、撫でると病気平癒や開運などの願い事が叶う『撫でうさぎ』『御乳岩』があります。 udo-shrine

こちらが『撫でうさぎ』です。

udo-shrine

こちらが『御乳岩』です。

運玉を亀石に投げます

本殿を出ると洞窟の入り口で運玉が販売されています。

udo-shrine

5個200円でした。

udo-shrine

そしてこの運玉を男性は左手で、女性は右手で亀の形をした岩に向かって投げます。

亀石の背中にある縄の内側に当たれば良し、枡に入れば尚良しで、願い事が叶えられると言い伝えられています。

udo-shrine

こんな感じです。

もう少し拡大するとこんな感じです。

udo-shrine

男性の場合は左利きでなければ、普通に投げると難しいので、ダーツを投げるように肘から上を使って投げると入りやすいですよ。

udo-shrine

みんな亀石目がけて運玉を投げていますね。

そして最後は参拝後にカフェに寄って、マンゴーパフェを買いましょう。

とっても美味しいのでぜひオススメです。

宮崎といえば、もちろんマンゴーですよね。だったら食べるしかないと思います笑

udo-shrine

鵜戸神宮へのアクセス

宮崎自動車道 宮崎ICを降りて約50分です。駐車場が第一駐車場と第二駐車場とあり、計300台止めれますが、駐車場までの道が一本道の為、混むときは結構混み合います。

まとめ

いかがでしたか、鵜戸神宮は洞窟の中に本殿があるという非常に珍しい神社です。宮崎に行った際はぜひ一度訪れてみて下さい。すぐ近くにモアイが見れるサンメッセ日南もあり、まとめて観光もできますよ。

 

関連記事