ウクライナ人の私が日本語を覚えた外国語を勉強する方法

ウクライナ

私はよく日本人から「どうやって日本語を覚えたの?」と聞かれます。そこで「大学で日本語を専攻して、5年間勉強に没頭して覚えた」と答えたら、結構な頻度でびっくりされます。その理由は日本人は中学校から英語を勉強し始め、高校へ行くと6年間、大学へ行くと10年間勉強するようですが中々喋れないようです。その為、日本人は英語力を高めるべく様々な対策を講じているようです。例えばよく耳にするような駅前留学などの英会話スクール。赤ちゃん本舗、子供プラザなどのキッズコミュニティで0歳から英語レッスンの実施や0歳から始めれる英語Disney system。最近では小学校から英語学習がプログラムされています。両親は流暢に英語で喋らなくても、子供に英語を覚えさせたいようです。また、子供の将来を考えて、色々なチャンスを広げるために、英語だけではなく他の外国語も注目されているようです。

外国語の覚え方は様々ですが、今回私が自分の経験を活かして外国語を勉強する時に何を意識すればいいかを伝えたいと思います。

個人的な考えですが外国語を勉強する時、最も重要な事は三つです。一つ目は外国語に興味を持つこと。二つ目は外国人の友達を作ること。そして最後は目標を立てることです。

外国語に興味を持つこと

私がよく聞かれることは「日本語は難しくないですか?」。答えは「興味があればどんなに難しくても勉強を続ける事ができます」。

私はもともと日本のドラマやアニメ、Visual系のX-Japan、Buck-tick、Dir en Glay、Miyavi等の日本のバンドが好きで、ウクライナかロシアで開催された日本のバンドのライブに行ったりしていました。日本から遠く離れたウクライナでも日本のものに囲まれて育った為、次第に興味が湧いてきて、気付けば日本語を勉強したくなっていました。

つまり外国語を勉強する前に、まずはその国の文化を調べた方がいいと思います。思うように外国語の勉強が上手くいかなくても、その国の好きな音楽、ビデオ、料理、ダンス、本等、何か一つでもその国のものに興味があれば、一度外国語の勉強を始めても止める事ができないと思います。

外国人の友達を作る

多くの人はある程度外国語を覚えてから、外国人とコミュニケーションを取るためのチャンスを探していますが、私のオススメは外国語を勉強する前に外国人の友達を作った方がいいです。理由は二つあり、一つはその国の文化や知識を深めるためです。もう一つはその国に住む外国人の性格や特徴が分かるからです。

例えば私の場合、日本人の友達を作って次のことが分かりました。

物事をストレートに言いません。よく言えばオブラートに包みます。

何回も謝ります。

目上の方と目下の方と話す時、使う言葉が違います。

褒めることが好きです。

あいづちが多いです。

その国に住む外国人の性格や特徴が事前に分かれば実際にその国の人とどのくらい性格が合うのか分かります。もし性格が合わなければ、現地の人と喋る機会を避けてしまい、恐らく勉強が捗るとは思えません。

住んでいる所に外国人があまりいないと言っても、それはただの言い訳だと思います。本気で外国人と出会うチャンスを探せば簡単に見つると思います。

私はウクライナの首都に引っ越す前、Ivano-Frankivskという小さい町に住んでいました。そこで初めて日本人の女性と知り合いました。どうやってその日本人を見つけたかというとそれはアイセックでした。アイセックって何?と思う方も多いかと思いますがアイセクは海外インターンシップの受け入れと送り出しを行っています。具体的には、日本の学生に海外の企業・NGOでのインターンシップを、海外の学生に日本の企業でインターンシップを提供します。

現在は126の国と地域で活動する世界最大級の学生組織です。

私はこのプログラムを通して日本に行きたかったのですが、残念ながら日本にウクライナ人を送り出すプログラムがないと言われました。でも日本人はウクライナに来てますよと聞いたので、私の住んでいる所で日本人が留学してるいかどうか聞き、そしてその日本人の連絡先を教えてもらいました。その後、実際に会ってお茶を飲みながらお互いの文化を話しました。お互い初対面でしたがとても楽しかったです。

また、1日中インターネットを使える現代社会では外国人の友達をとても作りやすいと思います。オススメのサイトは「ワールドフレンズ」という外国人と知り合うことができる最大級のグローバルサイトです。外国人の交際相手を見つけるためのサイトだと思う人はいるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。このサイトで情報をシェアしたり、友達とコミュニケーションとったり楽しんだりしています。私も最初このサイトでプロフィールを登録して、たくさんの日本人の友達を作りました。

目標を立てる

何のために外国語を勉強しているか、どの状況で使うかということを明確にする必要があります。目標があれば勉強に対してやる気が出ます。また、目標が分かったら、どのように外国語を勉強したらいいか明確になります。

例えば、海外旅行に行く程度のレベルであれば、空港、レストラン等で話せる言葉を覚えたら十分だと言えます。しかし通訳の仕事をしたい場合は、会話と聴解を中心に勉強を行います。外資系企業で働きたいのであればビジネスレベルを習います。外国で住みたい場合はネイティブのレベルを目指します。

目標を持つのは非常に大切なことです。私の目標は日本に住むことでした。そのため、色々な国際プログラムを申請して、色々な留学試験と研究試験を受けていました。合格もあれば不合格も少なくありませんでした。試験に失敗するたびに、泣きながら「もうやめようかな」と思うこともありましたが日本語の勉強を止めたら私の目標も消えてしまうと思い、止まりました。

私みたいに外国に行く前に言葉を覚える人もいれば、事前に勉強せずにその国に来て自然に覚える人もいます。上記に書いてることを重視すればどこに行っても流暢に外国語で喋りたいという目標を達成できます。

Posted by kristina