ウクライナ人が語る【ウクライナ人とロシア人の違い】言語、料理、女性

ウクライナ

私はウクライナから日本に来てからもうすぐで5年間になります。今まで色々な日本人と話したらやっぱりウクライナ=ロシアのイメージが強いです。。。ウクライナは1922年から1991年までソビエト連邦に属していたので、確かに共通点が多いですが、ウクライナ人はソビエト連邦に入りたかったから入ったわけじゃなくて戦略されたから強制的にソビエトの一部になりました。

また、日本人は多分聞いたことがないのですが、歴史を遡るとロシアはウクライナ人に対してジェノサイドを起こしました。ロシア人はウクライナ人の存在を抹消することを目的にし、ウクライナ人が暮らしていた各地域で人工的な大飢饉を起こしました。ウクライナ語で『ホロドモール』と言います。3回同じことを繰り返し、多くのウクライナ人の命が奪われました。

  • 1921年ー1923年
  • 1932年—1933年
  • 1946年—1947年

『ホロドモール』で検索するとそのような情報が日本語でもいっぱい出てきます。今回はロシアとウクライナの摩擦、もしくはロシアに対しての恨みについて一切語るつもりがないのですが、昔からウクライナ人は自分の存在と文化を残すため、命をかけて頑張っていたので、ウクライナ人=ロシア人と連想して欲しくないんです。その為、今回は三つに絞って、ウクライナ人とロシア人の違いについて書きます。皆さんに覚えてもらえたら嬉しいです。

ウクライナ人とロシア人の違い

ウクライナ人とロシア人の違いは本当に色々ありますが、日本人が同じだと思っている事は実際に違うので、まずはそこからスタートします。

①言語は違う

②伝統料理は違う

③女性の見た目は違う

では、それぞれの違いを解説します。

言語が違う

russian-lanuage

結論から言うとウクライナではウクライナ語、ロシアではロシア語です。ウクライナの憲法にも『国民の唯一の言語はウクライナ語』と書いています。しかしウクライナではバイリンガル社会です。つまり問題なくロシア語が分かるし、問題なく喋れます。むしろウクライナ語よりロシア語が得意な人もいます。なぜそうなったかというと1922年から1991年までソビエトに属していたとき、ウクライナ人はウクライナ語で話せる自由が抑制された為です。上記に書いた通りウクライナ人の存在は消されそうでした。私はロシアから独立後のウクライナに生まれましたが、家族からよく聞いていたことは当時はウクライナ語で喋ったら良い仕事をもらえないとか、良い教育を受けられないとか、上流階級に笑われました。そして1991年ウクライナは独立しましたが経済問題を始め、ウクライナをゼロから立ち上げる必要があったので、はっきり言うとウクライナ語を復活させるどころじゃなかったんです。

西ウクライナの場合は一時期ポーランドに戦略されましたが、それにしてもウクライナ人でいることは否定されなかったので、西ウクライナにウクライナ語とウクライナの文化は残りました。私はちょうど1991年に西ウクライナに産まれて、家族や周りの人はウクライナ語で喋っていたので、ウクライナ語はメインの言語になりました。ただ、子供の頃からロシア語で本を読んだり、テレビもロシア語で見ていました。そのおかげで、ロシア語もネイティブ並みにできるようになりました。しかし東、北、南ウクライナはロシアの影響の方が大きかったので、ロシア語が一般的な言語になりました。残念ながらウクライナ人なのにウクライナ語でちゃんと話せなくなった人もいるし、ロシア語とウクライナ語をミックスして話している人もいます。

ウクライナは独立しても、言語の使用に対しての施策は結構緩かったので、西ウクライナ以外では学校、大学、テレビ、国立の施設でもロシア語は一般的に使われました。2014年に『ペトロ・ポロシェンコ』がウクライナの大統領として選ばれ、ウクライナ語の改革を始め、ウクライナ語の優先を強化しました。そのおかげで、今ではすべての報道、教育の施設、病院等ではウクライナ語のみという状況になりました。数年間ウクライナの番組のアナウンサーとして働いていた人はその仕事を継続するために、わざわざウクライナ語の先生を見つけて勉強しているケースもあります。

最後はウクライナ語とロシア語の違いを分かってもらうために、いくつかの単語を載せて言語の違いを終わります。

different_russian_and_ukrainian_words

一方、似ている言葉、もしくは全く同じ言葉もあります。

similiar_ukrainian_and_russian_words

伝統料理が違う

日本ではよくロシア料理として思われている『ボルシチ』はウクライナの伝統スープなんですよ。そしてきっと日本人に知られてないボルシチの必要な材料は『ビーツ』です。ウクライナ語で『буряк (ブリャク)』と言います。鮮やかな赤か紫色で見た目はカブや大根に似ていますが、ほうれん草の仲間です。

ukrainian-buryak

中を見るとこんな感じです。

ukrainian-buryak02

そしてボルシチのキレイな赤い色はトマトじゃなくてこの『ビーツ』が作っています。ウクライナのボルシチはトマトが入ってません。好みで追加は可能ですが。日本ではビーツが中々手に入らないので、トマトベースでボルシチの作り方が紹介されていると思います。ただ、トマトは味を酸っぱくするので、本来のボルシチとは味が違います。

ちなみに、ビーツを使って、サラダもデザートも作られます。

ukrainian-buryak04

ukrainian-buryak03

ロシアの伝統スープと言えば、それは『солянка ソリャンカ』です。キュウリの塩漬け、オリーブ、レモン、後は多数の香辛料を使う濃い味のスープです。肉のソリャンカもあれば、魚のソリャンカもあります。

女性の見た目が違う

ロシア人の女性の特徴は髪の色が明るいです。また、純粋なブロンドの方も多いです。目の色は青、グレー、緑です。

russian-girl

ウクライナ人の女性はロシア人より顔が濃いです。メインの髪の毛の色は黒か茶色ですが、アッシュの色もあります。ロシア人より眉毛は濃くて色も黒です。青い目の色を持っている女性もいますが、多くの方は黒か茶色か濃い緑です。

ukrainian-girl

まとめ

ウクライナは69年間ソビエト連邦に属していましたが、それでもウクライナならではの文化と特徴がなくなったわけではありません。色々な分野はロシアの影響を受けましたが、ウクライナにしかないものも多く残っています。ウクライナ語も残っているし、ウクライナから発生したボルシチも世界で有名になっているし、また最も美しいと言われているウクライナの女性も世界に注目されています。

 

関連記事

Posted by kristina