こどもちゃれんじイングリッシュほっぷ。3年目継続しているママのレビュー

1歳から始めたこどもちゃれんじイングリッシュを【ほっぷ】まで継続しているので、3年目になります。

そんな経験から今回はこどもちゃれんじイングリッシュほっぷについてレビューを書きたいと思います。このプログラムを通して何ができるようになるのか、またプログラムの特徴や教材を紹介します。【ほっぷ】のプログラムを検討している方、【ぽけっと】から【ほっぷ】に継続するか、しないか悩んでいる方はご参考にしてください。

こどもちゃれんじイングリッシュほっぷとは

kodomo-challenge-english-hop

こどもちゃれんじイングリッシュほっぷは3歳・4歳向けの英語教材プログラムです。お届けの回数は2ヶ月に1回です。教材内容は他のこどもちゃれんじプログラムと変わらず「絵本・知育オモチャ・DVD1枚・保護者向け情報誌」です。

受講費

こどもちゃれんじほっぷの料金は一括払いか月払いで金額が変わります。例えば、1年分をまとめて1活払いの場合、一回あたり金額は4,180円ですが
月額払いを選んだら1回あたりの金額は4,576円になります。また、英語教材と一緒に日本語教材も受講している方には会員特別価格があるので、更にお得です。

 通常価格会員特別価格
一括払い4,576円3,476円
月払い4,180円3,806円

こちらは2021年度の料金比較をピックアップしましたが、変更の場合もあるので、公式サイトでご確認下さい。こどもちゃれんじEnglish

ちなみに、私の娘はこどもちゃれんじの日本語教材も受講しています。

身につく事

こどもちゃれんじのプログラムは英語にせよ、日本語にせよ子供の年齢に合わせて何かしらのスキルを育ててくれます。こどもチャレンジイングリッシュほっぷを使えば次のことができるようになると言われています。

①色々な単語が言えるようになる

②英語を口にする自信が高まる

③アルファベットに興味を持ち、自然と覚える

次に【プログラム内容】を解説します。

プログラム内容

kodomo-challenge-english-hop02

【ほっぷ】は三つのプログラムに分かれていて、それぞれの目的があります。

3月号・5月号の英語で知育プロフラム

このプログラムはNumbers/数とShapes/形というテーマにしていて、子供が英語で数・形・色を言えるようにデジタルとペイパー教材があります。

子どもが飽きずに新しい単語を吸収できるよう、クイズをしながら覚えていく感じです。届く【Talking Q-rious】というオモチャは色々な質問をするので、聞かれたことに対してものを選ぶか口に出すという流れになります。

3月号

kodomo-challenge-english-hop-numbers

5月号

kodomo-challenge-english-hop-shapes

7月号・9月号の英語を口に出すプログラム

こちらのプログラムの特徴は録画再生機能が付いているマイクが届くので、しまじろうからの質問に英語で答えて、それが記録されます。そして記録された自己紹介の英語が絵本のストーリーの中で再生されるので、何度も英語を口にしたくなります。

11月・1月のアルファベットプログラム

こちらのプログラムのアイテムはアルファベットのピアノです。ピアノ遊び、迷路やクイズなどアルファベットを探しながら自然と覚えられます。

教材の使い方

他のこどもちゃれんじプログラムと変わらず新しいDVDを見て、オモチャで遊ぶことで新しい英語を体験して、そして絵本で定着させる流れですが、クイズ形式が追加されてさらに英語の遊びを楽しくしてくれたと思います。英語で質問を聞いて、それに対して正しい答えを返さないといけないので、理解力がさらに高まっていくのではないかと思います。

クイズの例を挙げると、こちらのオモチャにフルーツのカードを差し、【❓】を押したらどんなジュースを作って欲しいか言われます。バナナジュースなら、バナナのマークを押します。質問ではなく、会話が流れているので、他の身に付くフレーズもあります。(I`ll make strawberry juice/Here you are/ Thank you/I love this/Yummy。。。)

kodomo-challenge-english-hop-numbers02

カードは8枚あるので、飽きずに色々なシチュエーションに取り組むことができます。

kodomo-challenge-english-hop-numbers-playcards

kodomo-challenge-english-hop-numbers-playcards02

Shapes/形を覚えるときも同じオモチャを使っていますが、遊び方が違います。娘の遊んでいる動画を載せるので、ご参考下さい。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@tina_s_channel_がシェアした投稿

ちなみに、娘は2歳で既に英語の数を覚えたので、【ほっぷ】の3月の教材はどちらかというと復習でしたが、形を英語でなんと言うかまだ知りませんでした。しかし動画に映っている【Talking Q-rious】で遊んだら1日で覚えましたよ。

こどもちゃれんじイングリッシュほっぷの出演者

前のこどもちゃれんじのプログラム(ぷち・ぽけっと)に出ていたBob Werleyは今回も出演しているのですが【Bob チャンネル】が追加されたので、更に出る動画のパートが増えました。彼の出身はアメリカで、【ジュネス】というモデル事務所に所属しています。遊びながら学ぶことを大切にしていると言っています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bob Werley(@werleygram)がシェアした投稿

また、バイリンガルであるカナダと日本のハーフのエマちゃんも引き続きメインの出演者として出ています。彼女の本当の名前はAyaka Wilsonです。日本でモデルと女優として活動しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ayaka Wilson アヤカウィルソン(@ayaka_wilson_official)がシェアした投稿

まとめ

今日はこどもちゃれんじイングリッシュほっぷの教材を紹介しました。【ぷち】から娘の遊んでいる様子を見て、【楽しく英語に取り組んでいる】だけではなくしっかりアウトプットもできるようになっているので、こどもちゃれんじイングリッシュの受講を継続しています。【ほっぷ】の教材を使って、特に良かった点は英語で娘から話しかけられる機会が増えたので、ママである私も娘も満足しています。どのプログラムでも体験教材は無料なので、ぜひお試し下さい。こどもちゃれんじEnglish

 

 

関連記事