福岡市近郊のお出かけスポット。オススメの公園や子供の遊び場

親子のおでかけ

こんにちは

今回は今までご紹介した公園や子供の遊び場などをまとめて紹介したいと思います。

まずは福岡市内から紹介し、福岡市内から1時間以内程度で行ける場所まで広げたいと思います。

博多区エリア

東平尾公園

higashihirao-park

人工的な草スキーが楽しめるスポットです。ソリは無料貸し出しされているので、用意する必要はありません。公園自体も広く、様々な遊具がありますよ。ローラーすべり台も長くてオススメです。

福岡アンパンマンこどもミュージアム

anpanman-museum5

子どもはみんな大好きアンパンマンをテーマにしたミュージアムです。キャラクターショーやワークショップ、誕生日のお祝いまでありますよ。アンパンマンの世界に行ける夢のような場所です。うちの娘も大好きで行ったらずっと興奮していました。※1歳以上から有料となっています。

JR博多シティ

play-zone-for-baby-in-hakata

JR博多シティにある『つばめの杜ひろば』は四季をテーマとした屋上庭園で花と緑に囲まれていて家族でもカップルでも楽しめる広場です。その周りを走っている『つばめ電車』には乗車する事ができますよ。『クロちゃんひろば』では三輪車が何台もあり、無料で遊べます。夏になると子供プールもやっていますよ。

ベイサイドプレイス博多

bayside-place

写真は公式サイトから引用

春は花見、夏はビアガーデンや花火も上がります。秋は博多灯明、冬はカウントダウンや牡蠣小屋など1年を通して様々なイベントを楽しめます。また館内には巨大なアクアリウムがあり、ウミガメやエイなどが優雅に泳いでいます。ベイサイドプレイスには色んなレストランがありますが『博多豊一』で寿司バイキングをし、海を見ながらのんびりお寿司を食べるのが私のオススメです。リーズナブルですが、美味しいですよ。

ベイサイドプレイス博多

東公園

higashi-park

写真は公式サイトから引用

吉塚駅から歩いてすぐの場所にある自然が多い森林公園で、公園を出ればすぐに街中なので、まるで都会のオアシスのような場所です。広々した公園には芝生が生い茂っているのでピクニックをしたり、ジョギングをしたり多くの人が訪れています。また正月は十日恵比寿の大祭で多くの方が賑わっています。

中央区エリア

大濠公園

ohori-park

福岡の公園といえばここと言われている位、有名な公園ですね。池の周りは1周2kmあり、ランニングやジョギングには最適です。その他にも、日本庭園や美術館、ボートハウスなどもあります。公園に小さな子どもが遊べる『どんぐり公園と』ダイナミックな遊びができる『くじら公園』の2種類があり、小さい子供から大人まで楽しめる内容となっています。

また、公園には数種類のカフェがあり、遊び疲れたら美しい景色を見ながら休憩することもできます。

大濠公園

西公園

nishi-park

春には桜名所100選にも選ばれた1300本の桜が咲きます。勾配ある遊歩道は『トレールラン』のコースとしても人気です。多くの樹林に囲まれたこの公園は市街地の中にあって自然を満喫できるスポットとして人気があります。緑が豊かで一歩中に入れば、森の中に迷い込んだような気分になれます。アスレチック要素ある公園もあるので子どもにも人気ですよ。

西公園

福岡市動植物園

zoo-city-fukuoka

子ども連れやデートにもオススメスポット。動物園と植物園がセットになっていて1日じゃ全部回りきれない広さです。見所は『コツメカワウソ』。ロープ回しはずっと見ていても飽きません。とても可愛らしいです。また、動物園側は勾配が激しいので、軽く登山かな?と思う程アップダウンがあります。スニーカー必須です。反対に植物園側は緩やかな勾配で散歩感覚で四季折々の花々を楽しめます。

福岡市動植物園

福岡市科学館

science-museum

最新投映機と高解像度投映機を駆使したドームシアター(プラネタリウム)は臨場感あふれる映像を楽しめます。特にオススメなのが5階のフロアです。宇宙の広がりや様々な方面からアプローチした地球の姿などを体験しながら学びます。ゲーム感覚で遊びながら、宇宙について学べるので子どもだけでなく、大人も楽しめます。

福岡市科学館

東区エリア

海の中道海浜公園

uminonakamichi

広大な敷地を活かしたレジャー施設です。園内には動物たちと触れ合える『動物の森』や四季折々の花々が1年を通して楽しめます。また、花だけではなくイベントも毎月行っているので行くシーズンによって楽しみ方が変わります。オススメは広い敷地を活かしたサイクリングです。台数に限りがあるのでお昼頃に行くと自転車が残ってないことも多々あります。子どもの遊び場も充実していて、巨大なトランポリンやアスレチックなどもあり、小さい子どもから大きな子どもも楽しめます。

海の中道海浜公園

アイランドシティ中央公園

island-city-central-park

緑と水に囲まれた公園で、自然環境と共生や美しい街並みの形成の為整備された公園です。みなさん福岡市のシンボルでもある大濠公園は知っていますよね。この公園は大濠公園のように中心に修景池があり、それを囲むように公園が広がっています。また温室や国際交流庭園などもあり見所満載なので1日楽しめますよ。

貝塚公園

kaizuka-park

貝塚公園は別名『子どもの自動車学校』と呼ばれています。アスレチックなどの多様な遊び場もありますが、小学生以下の子どもを対象にした交通ルールを学べる場所があるんです。実際にゴーカートに乗りながら交通ルールを学べるので、子どもたちは楽しく道路標識や信号の見方を覚えます。料金も1回50円とリーズナブルなお値段なんですよ。

西区エリア

のこのしまアイランドパーク

nokonoshima-island-park

のこのしまアイランドパークがある能古島へは姪浜からフェリーに乗船して行きます。それだけでもテンション上がるんですが、のこのしまアイランドパークも自然が豊かで、まるで南国のリゾート地に来たようなキレイなお花畑が広がっています。福岡にいながらちょっとしたプチ旅行を味わえる場所なんです。能古島アクセス

小戸公園

odo

小戸公園は福岡市では珍しいBBQができる公園なんです。利用料金も一人100円と非常にリーズナブルです。春は桜に、夏や秋はBBQ、冬にはヨットハーバーのイルミネーションを楽しめます。非常に大きな公園で大型の遊具も多数あります。公園から少し歩いたところに3kmに渡って広がるクロマツ林『生の松原海岸森林公園』『元寇防塁』があります。

小戸公園

木の葉モール橋本

konohamall

写真は木の葉モールFacebookから引用

ここ木の葉モールには『空中遊び場とばんね』があります。小学生以下を対象とした遊び場で幅約17メートル、高さ約13メートルの巨大ハンモックの上でボールで遊んだり、ワイヤーアスレチックで遊んだりできます。

空中あそびばとばんね

南区エリア

も〜も〜ランド油山牧場

momoland

入場料は無料で駐車料金払えば十分楽しめます。全長48mのローラーすべり台は落差10mあり、スリル満点です。ふれあい広場や、遊べる・学べる体験プログラムがあり搾乳や乗馬体験などもできます。またここのソフトクリームは絶品です。

も〜も〜ランド油山牧場

友泉亭公園

yusentei

黒田家の別荘として建てられ昭和の終わりに歴史公園として整備されました。とても静かな場所で福岡市内にいながら都会の喧騒を忘れさせてくれる場所の一つです。デートスポットはもちろん結婚式の前撮りなどにもよく使われています。池には鯉がたくさんいて小さい子どもが鯉に餌やりや広い庭園を探検して楽しんだりもしていましたよ。

福岡市近郊エリア

ファンタジーキッズリゾート

fantasy-resort

おママごとの部屋や巨大なトランポリン、クライミングが楽しめる遊び場です。

また無料でレンタルできるフォトスタジオやコンピューターグラフィックを利用した投影などで大人も子どもも楽しめます。

大野城いこいの森中央公園

onojo-ikoinomori-park

ここはジェットスライダーが有名で長さはなんと90mあります。夏には公園で水遊びもできますし、キャンプ場もあります。アクティブな家族にはオススメですね。

筑紫野市総合公園

park11

大人もちょっと童心に返って楽しめる巨大な海賊船がある公園です。ここの見所はなんといっても小高い丘の上から目の前の湖が一望できる最高のロケーションです。そしてここのローラースベリ台も大野城いこいの森中央公園同様かなり長いです。ローラースベリ台好きにはオススメですね。

カブトの森公園

kabutonomori-park

篠栗にある総合運動公園の一角にカブトムシをモチーフにした公園がある事からネーミングされました。昆虫をテーマにした公園は昆虫が好きな子どもは大喜びですね。篠栗は他にも全長41mの巨大な涅槃像やもののけ姫のシシガミの森のような場所があって見所満載ですよ。

さが21世紀県民の森

hoonoki

湖畔の周り6kmのコースをサイクリングできます。サイクリングの途中、何箇所か公園があり、超巨大なローラーすべり台やアスレチックもありますよ。

神野公園こども遊園地

kouno-park

ここは佐賀市内になるので福岡市内からだと小一時間かかる場所なんですが、0歳からジェットコースターにも乗れるし、価格もリーズナブルで小さい子どもでも十分楽しめるので『子どもの遊園地デビュー』にオススメです。

どんぐり村

dongurimura

親子で楽しく時間を過ごせるように、動物との触れ合い、手作り体験、様々なイベント提供している佐賀のテーマパークです。対象年齢は特にありませんが小さなお子様向けに遊べる場所が多く、ちょっとフランスの田舎に来たような気分が味わえます。

まとめ

いかがでしたか?今回24の遊び場や公園お出かけスポットを紹介させて頂きました。エリア別に分けていますので、あなたにとってどこかお気に入りの場所が見つかると良いですね。

 

 

関連記事

Posted by kristina