【ニトリシステムベッド】をブログで紹介。組み立ても無料だよ。

親子ライフ

最近話題になっているニトリシステムベッドがうちの家にも届きました。うちの娘は赤ちゃんの時期を卒業したばかりで、3歳3ヵ月ですが既に自分の部屋で寝ています。日本人から見ると早いかもしれませんが、私の国ウクライナでは子供は3歳から別の部屋に移動する事が多いです。もちろん強制している訳ではなく、ちゃんと子供の希望を聞いてから子供部屋を準備するという、これは一般的なウクライナの常識です。うちの娘の場合はどうだったかというと、旦那と一緒にネットでシステムベッドを探していたところに娘が来て『これが欲しい』と言われました。『このベッドが大きいからママとパパの部屋に入らないよ。隣の部屋なら入るんだけど一人で寝れる?』と聞いたところ

娘の答えは

『うん、一人で大きいベッドに寝るよ!』

そして約束通り一人で寝ています。

なぜニトリのシステムベッド

『システムベッド』を検索したら、ニトリだけではなく他のブランドも結構出ていますがうちの家族がニトリを選んだポイントは二つありました。

①マンションにピッタリのサイズ

nitori-system-bed

上の写真は入らなかったのでパノラマで撮影したので少し湾曲してしまってますが、こんな感じです。

私たちは最初オシャレなシステムベッドの種類が多いロウヤ でベッドを探していましたが、気に入ったほとんどのベッドの幅は220cmからでした。一軒家であれば、部屋の広さがそこそこあるので、大丈夫だと思いますがマンションの場合は子供用部屋のスペースが限られていますよね。私たちのマンションの娘の部屋は220cmのベッドだとギリギリ入るのですが、部屋に入ってすぐにベッドがあるような感じになってしまうので、ちょっと微妙だなと思い、ロウヤのベッドを諦めました。そこで他のシステムベッドを探しているとニトリのベッドサイズなら幅201×奥行112×高さ130.5cmでしたので、問題なく部屋に置けるし、デスク用のスペースとか、ちょっとした遊ぶスペースも余裕があったので、ニトリのベッドにしました。

②娘の好きなデザイン

ニトリのシステムベッドは娘の一目惚れでした笑。

何が良かったのかというとニトリのベッドの写真にウサちゃんの物がいっぱいあったからです笑。ウサちゃんのクッションとか、ぬいぐるみとか、ベッドの棚に置いてあるウサちゃんの飾り。ベッドに関係ないものが娘の目を引きました。流石ニトリですね。アレンジはオシャレで大人から見ても子供から見ても欲しくなりますね。

娘はその後、他のブランドのベッドを見ても『ウサちゃんのベッド』が良いと言われました笑。そして面白いことはニトリのベッドが届いたら『ウサゃんはどこ』と聞かれたので、今後ウサちゃんのクッション等を探しに行かないと笑。そこまでウサちゃんのインパクトが強かったんです。

ニトリシステムベッドのメリット

・収納が多いので、お片付けが楽

以前は床にジョイントマットを敷いて、オモチャをプレイルームを作っていましたが、正直に言うとお片付けはそこそこ時間がかかりました。例えば娘は3歳の誕生日に『リカちゃんのお買い物パック』が欲しいと言っていたので旦那と買ってあげましたが小さい小物が100種類もあるので、お片付けはめっちゃ大変でした。

ニトリのシステムベッドは多くの収納が付いているし、置きたい物に合わせて好きな高さを変えられるので、今は『リカちゃんのお買い物パーク』をこんな感じで置いています。

nitori-system-bed

絵本も棚にキレイに並べられるので、取りやすいし、片づけやすいです。

・デスクも付いている

元々は保育園の年長さんくらいになったら勉強や色々できるようにデスクがあったら良いなと思っていたのですが、こちらのシステムベッドだと、省スペースで『学ぶ』・『しまう』・『眠る』というコンセプトなので、これさえあれば新しくベッドを買って、デスクを買ってという必要がないなと思いました。また、デザインも統一されているのでそれだけ子供部屋が完成してしまいます。

・子供の秘密基地がある

nitori-system-bed

システムベッドのベッドはロフトタイプの形状になっている為、空間を最大限に活用できます。小さい子供はお家でも遊びたいと思います。こちらのベッドであれば、ベッド下のスペースを秘密基地のようなスペースとして活用できます。ジョイントマットなどを敷いてベッド下にスペースを作ってあげれば完璧です。お子様が年齢を重ね、衣類や収納物が増えてきたら、ベッド下を収納スペースとしても活用できます。

・ベッドに小物が置ける棚があるから、子供の必要な物や好きな物を置ける

画像のようにオモチャ、小さい飾り、フォット等を置けるスペースがあります。うちの娘は好きなキャラクターが多くて、寝る時間が来たら『しまじろう』や『しまじろうの妹ハナちゃん』、リカちゃんやリカちゃんの家族と一緒に寝たいので、普通のベビーベッドだとこれ位オモチャを持ってきたら、娘の寝るスペースが狭くなります。子供と一緒に寝ている家族も多いですが、その場合でもオモチャは邪魔になりますよね。今は娘の好きなキャラクターを棚に置けるので、もうオモチャにスペースが取られません笑。また、うちの娘は夜中によく喉が渇くので起きて水を頼んでいますが、ベッドの棚に小さいペットボトルか水がこぼれないようなコップを置いたら、ママとパパは夜中にもう起きなくても大丈夫です。

・組み立てサービス付

ニトリでシステムベッドを購入すると組み立てを配送員が無料でしてくれます。先程、上げたロウヤや他のサイトで購入者のレビューを見ていたのですが、基本組み立ては購入者自身で行うことになっています。色んな方のレビューを見ても、組み立てに苦労したとか、休みの度に数時間毎やって数日かかった等、便利なシステムベッドですが組み立てはかなり苦労するようです。でもニトリのシステムベッドなら配送員の方が1時間程度でささっと組み立てしてくれます。

・単品使用ができる

ニトリのシステムベッドはデザインがオシャレで大人でも使えますが、ロフトベッドはなんだかんだで階段の登り下りという1つの動作が余計になる為、子供が高校生ぐらいになったら普通のベッドを欲しがる可能性もありますよね。そんな時このニトリのシステムベッドだったら簡単に分割できるので、好きなように部屋のアレンジができます。

・子供に嬉しいプレゼントがある

ベッドと一緒にこんなケース付き鉛筆とクレヨンが届きました。最近お絵かきや塗り絵にはまっている娘は大喜びでした。

nitori-system-bed

ニトリシステムベッドのデメリット

・体重制限がある

デメリットというほどのものは大きく見当たらないのですが、あえて挙げるとするならば、体重制限があることです。ホームページにも記載されていますが、体重は75~90kgの成人男性をMAXで作られているようです。ちょっと筋肉質な男性だったらギリギリかもしれませんよね。また、ママが子供とちょっと添い寝したいなと思うとちょっとギリギリになるかもしれませんね。とは言ってもかのニトリさんの商品です。カスタマーセンターにも問い合わせましたが、ニトリのシステムベッドは一般成人男性が寝ても大丈夫なシングルベッドと同等の概要で作られているので、多少軋むことはあっても壊れることはないようです。

・床板がメッシュタイプ

こちらはメリットとしては通気性が良いことですが、逆にスノコタイプと比べると若干強度が劣るようです。一般成人男性程度でも膝を立てたりすると、一点に圧力がかかってしまい、メッシュ部分が変形することもあるようです。

・天井との圧迫感がある

全てのロフトベッド、システムベッドに言えることなのですが、空間を立体的に有効活用できる反面、高さがあるので天井からの圧迫感があります。マンションのタイプにもよりますが、天井が低いタイプや、梁が出ているタイプだと部分的に天井が低くなったりしていてベッドと天井との距離が近くなります。子供なんかは小さいので良いかもしれませんが、大人だと座った状態だと天井との距離が近く感じ、圧迫感を感じるかもしれませんね。

まとめ

今回はニトリのシステムベッドの購入を検討している方にレビューを書きました。お部屋のスペースを有効に使いたい方にとてもオススメです。ニトリのシステムベッドはコンパクトで、マンションの部屋にも置きやすいです。でも部屋の広さがあれば、他のブランドのシステムベッドもあります。デザインの幅広く、クオリティがより高いものもあります。他のベッドについても別の記事でまとめているので、興味がある方はこちらへお願いします。

Posted by kristina