ウクライナ美女だけじゃない。日本人を驚かせるウクライナ事情13選

ウクライナ

みなさんにとってウクライナはどんなところですか?

最近ではゴールデン番組やメディアなどでも紹介され、『美人大国ウクライナ』のイメージは強いのではないかと思います。ハーフモデルとして活躍されている『滝沢カレンさん』もウクライナのハーフですもんね。ではそんなイメージがあるウクライナですが、実際はどんなところか、主観的、客観的意見も含めてご紹介します。

平均給料が安い

salary

日本人の平均年収は平成28年度の『民間給与実態調査』の結果にて421万です。それに比べ、ウクライナの平均年収は45万円程です。もう一度言いますが年収45万円なんです。日本で一流企業に勤める会社員であれば月収で稼いでいる方もいるような金額ですよね。一番高い首都キエフにおいても66万円です。かと言って街中にはオンボロの車ばかりが走っている訳ではありません。RANGE ROVER、PORSCHE、日本のLEXUSなども走っています。でも中には旧ソビエト時代に作られた旧車なども走っています。つまり、かなり格差社会であることが言えます。弁護士や医師、政治家などは非常に良い給料を得ていますが、教師などは月収2万円で生活したりしている人もいるんです。

賄賂が多い

bribe

上記に書きましたが、かなり貧富の差が激しいです。普通に生活していては生活する事が厳しい為、様々な賄賂が生まれました。例えば、交通違反などをしても警察に賄賂を渡せば見逃してもらえるなどはウクライナでは有名な話です。よくウクライナの男たちは『ポリツェイ スミッキャ アメコザキィ』(日本語で、警察官はゴミだ。俺たちはコザックだ。※コザックとはウクライナでは日本の侍にあたります)

ビールとタバコが安い

物価が安いという事もありますが、ビールが非常に安いです。40円くらいで美味しいビールが飲めます。1Lのアサヒビールも売ってましたが100円程でした。タバコのマルボロも100円程で買えます。そして色んな国のビールが格安で手に入るのでお酒好きには最高の国ですね。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ペットボトルのビールが売られています。バーなどでペットボトルに量り売りしてくれるところもあります。お値段なんと2Lで100円!!!それを夜の公園でのんびりと飲むのもウクライナスタイル。ウォッカだけではありませんよ。

地下鉄のエスカレーターが非常に長い

kiev-metro

写真はUATV 参照https://rus.uatv.ua

首都キエフにある『アルセナールナ』には世界一長いエスカレーターがあります。深さはなんとビックリの105.5m!!!!実際に乗ってみたら分かるのですが非常に長いです。あまりの深さに降りる時、感覚がおかしくなってしまい不安になります。酔っ払って乗ったらまずアウト。なのでエスカレーターの下には係の人がいます笑

公園の遊具や鉄道など日常にウクライナカラー

公園や鉄道など至るところにウクライナの国旗と同じ黄色と青色が使われいます。日本では考えられないですよね。日本で日の丸カラーの電車や遊具があったらみんな『何かあったのか?』って思うくらいビックリするんじゃないでしょうか笑

park1 train1

教会が本当に多い

しかも前を通るだけでもお祈りします。そしてこの教会も黄色と青を使用した教会が多いです。

church1

飛行機が着陸に成功したら一斉に拍手をする

ウクライナ人のパイロットの腕をウクライナ人は信用していないようです笑 なので無事着陸に成功した時は、着陸した瞬間一斉に拍手をします。大型の飛行機ではあまり見られないかもしれませんが、小型の飛行機やセスナなどではこの光景をよく目にします。

airplane1

 

スーパーで売られているものがとにかく大きい

日本のスーパーでは鶏肉などはモモ肉、胸肉など各部位に切り分けられて売られていると思いますが、ウクライナの一般的なスーパーではチキンがそのまんま丸ごと売られているんです。毎日がアメリカの感謝祭みたいですね笑 そしてウクライナのマダムたちは素手でサーモンを鷲掴み!!!もちろん切り売りもされていますよ笑

supermarket2

supermarket1

卵や牛乳が路上販売

egg

ウクライナでは生卵や牛乳が路上販売されています。イメージとしては日本のフリーマーケットの様にシートを敷いておばあちゃんが販売しています。そして日本人だとビックリすると思いますが、真夏でも販売しています。日本では一般的に乳製品は涼しい場所か冷蔵庫で販売されていますよね。そしてウクライナではこの田舎のおばあちゃんが路上で販売している卵や牛乳が美味しいと考えられています。

地下鉄とバスが安い

日本では乗車距離によって料金は変わると思いますが、ウクライナでは市内であれば、どこまで乗っても料金は一緒なんです。そしてその料金も驚きの一律32円です。(2019年現在)以前であれば16円程で乗れました。結構オンボロですが。。トロールバスなんかは運転手が好きな音楽を大音量でかけているので日本人からしたらかなり個性的なバスです。というよりクレイジー笑 ウクライナの交通機関を使用する場合には注意が必要です。ひったくりと痴漢が多いです。バッグの中にも平気で手を入れてきます。ウクライナでは日本人の若者の様に後ろのポケットに入れていたら、財布を取ってくださいと言っている様なものですよ笑

寝台列車が破格の安さ

train

日本ではあまり馴染みないかもしれませんが、ウクライナでは長距離の寝台列車がよく使われます。そしてこの寝台列車はかなり安いです。

例えば首都Kiev〜Ivano Frankieskまで距離にして600キロほど

時間にして11時間かかりますが料金は

一番グレードが高い部屋で1200グリフナ日本円で約5000円2019年現在)

こちらは個室になっていて以前家族で使用しましたが、結構居心地が良いと旦那も言ってました。

2〜4人部屋だと500グリフナ(日本円で2200円程度2019年現在)

一番安いのは200グリフナがあります。こちらは日本円にして900円!!!!

千円をきる料金です。破格ですよね。ただし、こちらの部屋には扉すらありませんので、通路から丸見えです。貴重品やプライバシーなどにこだわりがなければ、安くて良いかもしれませんね。

ちょっと変わった配達方法

ウクライナには変わった配達方法があります。それは長距離列車を利用した方法なんです。通常日本では福岡から大阪へ荷物を配達したい場合、郵便局に荷物を持ち込むか、回収にきてもらうか等の選択になると思います。でもウクライナでは例えばKiev〜Ivano Frankieskへ荷物を送りたい場合、列車の乗務員に直接お願いをします。

距離にもよりますが、Kiev〜Ivano Frankieskだとだいたい30〜50グリフナ程度です。

これで夜のうちにお願いすれば翌日の早朝には到着するんです。非常に便利ですよね笑

ウォッカがデキャンタサイズ

vodka 

日本ではテキーラやウォッカなど度数の高いお酒はショットグラスで飲みますよね?

多くてもロングショット位ですよね。

ここウォッカが本場のウクライナでは、レストランでウォッカを注文するとデキャンタできます!!!

そしてグラスはショットグラスなんか優しいものではありません。白ワインのグラスの様なサイズできますよ笑

ビールもたまに飲むようですが、強くてドキついお酒を飲むことがウクライナの男たちには良いようでウォッカを普通に飲みます。彼らは口癖の様に言います。

この世で悪いのはウォッカだと!!!だからこの悪いウォッカを飲み干してこの世から消し去ってやるんだと!!!その為には俺たちはウォッカを飲み続けると。

さすがウクライナの男たち、肝臓が強すぎる!!!!笑

まとめ

賄賂や給料が安いなどあまりイメージがよくない事もありますが、実際に行ってみれば、ウクライナ美女以外にもあっと驚く経験があなたを待っているかもしれませんよ。

一般的なスーパーのショッピング現場やちょっとした公園の片隅など。寝台列車なんかは、鉄道マニアなんかにもオススメですしね。

 こちらの記事もどうぞ

 

 

Posted by kristina